底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

恩田陸さんのユージニアを読みました。感想・評価・ネタバレなし

皆さん、こんにちは。

恩田陸さんの〈ユージニア〉を読みました。推理小説です。

あらすじは、

〈かつて街を襲った、大量毒殺事件。数十年の時を経て解き明かされていく、本当の真実とは…。〉

といった感じです。

 

前回の作品は私に合わなかったので、今作品は不安でしたが、とても面白かったです。

 

事件に関わりのある1人1人を主人公がインタビューするという形で、話は進んで行きます。

 

それぞれの違った視点で事件が語られていくことで、点と線が繋がり、真相が少しずつ浮き彫りになっていく展開に引き込まれました。

 

また、ただの推理小説ではなく、何処か幻想的な雰囲気が漂う、不思議な小説でした。

真相も読者に委ねるような感じです。私自身も分かるような、分からないような読後感でした。

 

しかし、決して不快ではなく、この消化不全な感じが物語をよりミステリアスにしたと思います

 

 

実際に、ユージニアの考察の書き込みを見ても、様々な意見、解釈があり、ここがミソだと思います。

 

恩田陸さんは、私にとって打率が良いので、引き続き恩田陸さんの作品を読んでいきたいと思います。

 

以上でした。