底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

ブラッドボーン、Bloodborneを買いました。感想・評価・ネタバレなし

皆さん、こんにちは。

ブラッドボーンを買いました。

ジャンルはARPGです。

あまりの難しさに、〈死にゲー〉と揶揄されるブラッドボーンですが、実際のところどうなんでしょうか。

 

はい、〈死にゲー〉に名に恥じぬ難しさです。

まだ、最初のボスにも辿り着いていませんが、10回以上死んでいます。

いわゆるザコ敵相手に10回以上です。

1対1なら大丈夫ですが、2、3匹に囲まれるとすぐ死んじゃいます。

 

ザコ敵が2、3匹で死んじゃうなんて、今までのRPGではなかなかないでしょう。

 

どんなに序盤でも、スライム2,3匹にやられる勇者はいないと思います。

 

今まで〈ラストオブアス〉や〈ホライゾンゼロドーン〉でも難しく、何回も死にながらやっとクリアできた私にとっては何かの修行としか思えません。

 

正直言って楽しいのかどうかはわかりません。ただ、何回もチャレンジさせる魅力があるのは確かです。

 

その魅力の1つが、世界観だと思います。

 

フィールドの雰囲気や、主人公、敵のビジュアル、さらには細かい作り込み、例えば武器のビジュアルに至るまで、まったく世界観にウソがない、齟齬がないからこその説得力だと思います。

 

なかでも、敵がキモくて良いです。よくベルセルクに似てるという書き込みを見ましたが、まさにあんな感じのキモさと、作り込みです。

 

かなり人を選ぶゲームですが、ハマる人はめちゃめちゃハマると思います。

 

私はどうなるでしょうか…。

 

以上でした。