底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

ブラッドボーン、Bloodborneを買いました②感想・評価・ネタバレなし

皆さん、こんにちは。

ブラッドボーンの記事2回目です。

 

少しずつ操作にもなれ、ザコ敵がキャンプファイヤーしてるところも、ダッシュでシカトして、先に進み始めました。

 

そのままの勢いで、ボスっぽいのと遭遇。

聖職者の獣と言う奴です。

 

デカイ、そして強い…。

 

一瞬でやられて、血も全て失いましたが、へこたれません。

 

恥ずかしながら攻略サイトを見てしまい、聖職者の獣に出会うと拠点の人形のところでレベルアップ出来る情報を知っていた私。

 

早速、レベルアップします。

 

シブい…、レベルアップがシブい…。

 

ドラクエとか、FFみたいに祝福の雰囲気はありません。地味にパラメータをあげるだけです。

 

初期はレベル10でしたが、とりあえず15までレベルを上げました。

さっそく、レベルアップ後の腕試しでザコ敵と戦ってみます。

 

 

うーん…、たぶん強くなってるはず…。

 

きっとレベルアップの効果は出てると思いますが、いかんせん実感はありません。

 

とりあえず、自分が強くなっていることを信じて、もう一度聖職者の獣に挑戦です。

何度見てもデカいし強い。しかし、初見よりも明らかに戦えています。今回は、アイテムも万全で回復もばっちりです。

敵のHPをちまちまと削って、あと数回の攻撃で倒れるんじゃないかと思うぐらい、HPのバーが減っています。

連続で攻撃をたたみかけます。

 

死んでしまいました…。

 

もちろん、私がです…。

 

 

はっきり言って、しばし呆然としました。あと少しで倒せたはずなのに…。

私の手は自然とディスクのイジェクトボタンを押して、ディスクはパッケージの中へとしまわれました…。永遠に…。

 

はい、ブラッドボーン、リタイアです。

 

理由はお分かりの通り、難易度です。

私にとって難しすぎました。

 

もちろん、どんなゲームにだって強い敵にやられて、やり直すなんてことはあります。私も、何度も挑戦してやっと敵に勝てたという経験がないわけではありません。

 

そういったことを差し引いても、ブラッドボーンは余りにも難しく、この先このような戦いを何度もするような精神力は私にはありませんでした。

 

世界観や、キモい敵、ドでかい敵は好きなのでこの先を見れないのは残念です。

 

後ろ髪をひかれる思いですが、

 

ストレス発散のためのゲームで、ストレスを貯めるという、本末転倒なことになりかねないので、私のブラッドボーンはここまでです。

 

今度は素直にカジュアルなゲームを買います。

 

以上でした。