底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

映画オデッセイを見ました。感想・評価・ネタばれなし

皆さん、こんにちは。

マットデイモン主演のオデッセイを見ました。

 

仲間と共に火星探査中の主人公マットデイモンが、事故に会い、1人取り残されてしまいます。火星で生き延びることは出来るのか、地球に帰還することは出来るのか…。

 

というあらすじです。

 

2時間以上の長めの映画でしたが、時間を気にせず楽しく見ることが出来ました。

もちろん、火星という厳しい環境のなかで生きていくサバイバル的な描写が見どころです。

 

マットデイモンが主演と言えば、ボーンシリーズです。

ボーンシリーズは結構好きで全部見てますが、アクションはないにしろ、マットデイモンの逞しさみたいなものは、このオデッセイでも垣間見えます。

 

なんだか絶対負けないヒーローを見てるような安心感と言いましょうか…。

 

だからこそ、良い意味で全体的にカジュアルにまとまってると思います。

 

宇宙もの、SFもの、またはサバイバルものが好きな方にとてもおススメできます。

 

 

ただ、個人的にもう少しだったかなという箇所もありました。

 

それは、マットデイモンの心理描写です。

 

火星に取り残されて、自分が助かるかどうかわからない。そこをもう少し濃く伝えて欲しかったのが個人的な感想です。

 

インターステラーにあるような緊張感や切迫感が好きだったり、月に囚われた男のようなちょっと精神的にやばいよ、みたいなものが好きだったりしたので、完全に個人的な感想です。

 

色々言いましたが、とても面白く、また良い意味でカジュアルさ、とっつきやすさがあるので、気になる方はご覧になるのをおススメします。

 

ちなみに、今回プライムビデオで初めて有料レンタルをしました。

返却に行かなくていいというのは大変素晴らしいです。

 

以上でした。