底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

映画ダンケルクを見ました。感想・評価・ネタバレなし

皆さん、こんにちは。

クリストファー・ノーラン監督のダンケルクを見ました。

 

第二次世界大戦中の史実をもとにした、映画です。

ドイツ軍からの侵攻に晒される、フランスはダンケルク。そこにいる英仏軍併せて40万人の脱出劇を描いています。

 

私、クリストファー・ノーラン監督が大好きです。

主要な作品は、メメントからインターステラーまで全て見ています。

 

監督は未だにフィルムに拘り、だからこその映像美に定評があります。 

映像はもちろんですが、私はどちらかというとストーリーの展開が好きです。

  

特にプレステージ、インターステラーなんかは、

「よくあのオチまで持っていけたな❢」と驚きました。

 

よく練られたストーリーからの、衝撃の展開。この監督に裏切られたことはありません。

 

今回のダンケルクは史実ですから、フィクション的なストーリー展開は期待していませんでした。

そのなかで、監督はどのような映画を作るのかという疑問をもとに鑑賞しました。

 

感想としては、面白かったです。

面白かったですが、

「果たしてエンタメとして楽しんでいいものか…。」

と自問自答するほど、メッセージ性のある映画だと思います。

 

主人公は一応いますが、ダンケルクに関わる群像劇、オムニバスの関わり合いという手法で描かれています。

またキャラクターも薄く、名前もよく覚えてません。セリフも少ないと思います。

ドキュメンタリー、モキュメンタリー的な映画だと思います。

また敵国ドイツ兵の姿が全く描かれていません。戦闘機くらいです。

グロい表現もありません。

 

恐らくダンケルクでの事象を描き、月並みですが戦争の虚しさを伝えたかったのではないかと思います。

 

ダンケルクという大きな事象に飲み込まれるあまりにも小さい40万人という命。

 

その内の何人かにスポットをあてることで、一人一人を際立たせながら、なおかつキャラクターを薄く描くことによって、戦争における命の価値の小ささ。

 

ドイツ兵を出さないことで、いったい私達は何と戦っているのか、敵とはなんなのか。

 

グロい表現をつかわないことで伝わる非現実的な感じは、実はその戦争にいる人達も同じ非現実感を感じていると伝えたかったのではないか。

 

このようなことから、戦争とはなにか、一体なにと戦っているのか、等から戦争の虚しさを伝えたかったのではないかと思います。

 

今回の作品は、正直ファンとして待ち望んだものではないですが、監督のなかでとても重要な作品なのではないかと思います。

 

以上です。