底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

1人用のイスを探しています。ローチェア30とニーチェアX

皆さん、こんにちは。

1人掛けのイスを探しています。

 

 

はじめに

映画を見たり、ゲームをしたり、本を読んだり、インドアな私にとってイスはとても重要です。

ソファとは別に自分の特等席が欲しいです。

 自宅の広さを考えて、折り畳み出来るのを探していますが、自分のセンスとピッタリ合うのはなかなかありません。

 

そんななか何とか辿り着いたイスが2脚あります。

 

ローチェア30

そして

ニーチェアx

です。

 

 

 

スノーピーク・ローチェア30とは

アウトドアブランドのスノーピーク・snowpeakが販売しているのがローチェア30です。

スノーピークはお洒落なアウトドアブランドで、このイスもお洒落です。

 
f:id:kirinjiboy:20170921221616j:image

見た目的には、ハイバックですが角度があります。

実際に座ってみると、体を預けるようなリクライニングチェア的な使い方よりも、テレビを前にゲームしたり、映画を観たりするのに向いてると思いました。

 

座面の高さも低めで、テレビとの関係も良いと思います。

 

個人的には、私の子供(幼稚園児)がお店で座りやすそうにしていたので、子供用にも良いかなと思います。

 

 

 

ニーチェアXとは

 株式会社藤栄が販売するのがニーチェアX・NYchairXです。


f:id:kirinjiboy:20170921224423j:image

NY近代美術館(MOMA)にコレクションされている、新井猛さんがデザインしたイスです。お洒落さは太鼓判です。

見た目にも分かるようにハイバックで、角度も緩やかです。

実際に座ってみると、まさにリクライニングチェア的な使い方になると思いました。

私が座ったのは画像のイスでしたが、画像とは別にロッキングチェアのように足を曲げてる仕様もあり、そちらだとよりリラックス出来ると思います。

ちなみに別売りにオットマンもあります。

 

 

 

メリット・デメリット

 

 ローチェア30

〈メリット〉

・作業に向いてる、ゲーム、読書など。

・ニーチェアXに比べて値段が半分ほど。

 

〈デメリット〉

・背もたれにもたれ掛かって寝るような使い方は不向き、また背もたれの高さもニーチェアXに比べて低い。寝るのには不向きかも。

 

 

ニーチェアX

〈メリット〉

・色違いなどの別仕様が豊富。

・背もたれの角度や長さが、体を預けるのにとても丁度良い。全然寝れます。

 

〈デメリット〉

・作業は出来るが、寝てしまいそう。

・値段が2倍する。

 

 

まとめ

色々と書きましたが、結局どっちも良いイスだと思います。

本当に迷っていて、甲乙付けがたい状況ですが、多分最後は両方買ってると思います(笑)

 

以上でした。