底の浅いブログ

広く浅い知識で、色々な物事をサラッと書いていきます。

book and bed kyotoに宿泊しました!

最近カプセルホテルにハマっています。出張の際にはもっぱらカプセルホテルです。

 

狭いところが好きな訳ではありません。寝ることを考えるとちゃんと部屋を借りるのが1番です。

なにしろ、カプセルホテルは他の宿泊者の生活音がまる聞こえな訳ですから(耳栓は貰えますが)

 

ではカプセルホテルのどこに魅力があるのか。それは値段の安さもさることながら、充実した館内設備にあります。

 

お風呂、サウナが充実したカプセルホテル、漫画喫茶が併設したカプセルホテル等、カプセルホテルには館内設備に魅力があります。

 

今回はそんなカプセルホテルの中でも異彩を放つ、 【book and bed kyoto】に宿泊しました。

 
f:id:kirinjiboy:20180106192016j:image

このカプセルホテルのコンセプトは「泊まれる本屋さん」です。

 

本棚とベッドが一体化しており、好きなときに好きなように好きな本を読むことが出来ます。

 

実際に泊まってみた感想ですが、もう泊まらないかな…。

まず、本のラインナップが少ないです。本末転倒ですね。

また、環境があまり良くないです。トイレや洗面台、シャワー室が本棚兼ベッドと同じエリア内にあるので、使うほうも使われる方も気を使います。(男女同室なので、より気を使います。)

 

コンセプトはとても好きなので応援したい気持ちはあります。しかし、もう少し頑張って貰いたいのが本音でした。